【気づき2025】〔今日のこの日を大切に〕
2017 / 09 / 02 ( Sat )





◆離れて住んでいる両親が80歳を超えました。



実家に帰るたびに、家の中が散らかっていっています。



風呂やトイレや炊事場の汚れも気になりますので、


時々新幹線に乗って様子を見に行っています。



◆わたしを育ててくれた親に、


今度は恩返しをする時期を迎えたわけです。



親が嫌がらない程度に、自分ができることをやっていこうと思います。



と同時に、両親と一緒にいられる時間を大切にしたいと思います。



◆そんな状況を経験する年齢になりあらためて思います。



「いまのこの時間を大切に過ごすにはどうしたらいいのか」



親と一緒にいられる時間が残り少なくなっているため、


一緒にいる時間は非常に大切なものです。



だからこそ、その時間をかみしめたいと思います。



また、あとで後悔しないためにはどうしたらいいのかと考えます。



◆しかし、冷静に考えてみたら、


ある特定の時間だけを特別充実させたいという都合のいいことはなかなか実現しません。



結局、どんな状況であろうと、


ひとりの人の時間の使い方はいつも同じはずなのです。



だから、時間をじっくり味わいたいと願うのであれば、


いつもそのように思って過ごすように訓練するしかないことにも思いは至ります。



◆つまり、


つねに後悔のない過ごし方、あり方を模索している人だけが、


かけがいのない瞬間も思ったような


研ぎ澄まされた時間の過ごし方ができるのだと思うのです。



◆後悔しないために、日々、


無駄のないあり方を積み重ねていくことが自分の思いを遂げる道と考えるのです。



      森 信三  著

           → 修身教授録 現代に甦る人間学の要諦



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:55:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |