FC2ブログ
【気づき2330】〔身近な希望を、自分で紡げ〕
2018 / 07 / 04 ( Wed )





◆昨日の朝、4時に起きてサッカー日本代表の試合を見ました。



自国のチームを応援したい、


懸命にやっている一流人の成果を見させてもらいたい、


事がうまくいった際の元気をもらいたいという意図がありました。



◆代表は、すばらしい技術、相手に引けを取らない体力を持ち合わせていました。



しかし、最後の最後で微妙な差があったのでしょうか。



結果的に負けてしまいました。



その結果、勝ったときのように元気はもらえなかったけれど、


心から選手たちの闘いぶりに感服し、


心が厚くなり拍手も送りました。



同時に、東日本大震災のときを思い起こしました。



◆震災で、女川在住の後輩が亡くなりました。



現地に行くと、波で全てが洗い流されている光景を目にしました。



住人の方々には申し訳ない表現となりますが、


そのとき、「今、ここには希望がない」と思いました。



◆その際、自分のできることをとにかくやろうと考え始め、


その過程で女川にある社会人サッカーチーム「コバルトーレ女川」を知り、


応援することにしました。



そこで、サッカーが身近なものとなり、


自分の住む町田にもJリーグのチームがあったので、


そのチームのボランティアを始め、サッカーのことを知り、


女川を応援し始めたことをきっかけに、


自分の住む町のことを意識するにいたりました。



将来、町田ゼルビアとコバルトーレ女川が同じリーグで戦うことが夢になりました。



◆今年、コバルトーレはJFLに昇格。



町田との闘いはまだ先ですが、


日本代表のように苦しみながらも、


周りに左右されずに進むと、


必ず今見えていないものが見えるというごほうびはもらえることを確信しました。



がんばれ町田ゼルビア、がんばれコバルトーレ女川、やれることをやれオレ。



      森  信三 著  

         →  下学雑話 森信三語録




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:13:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |