FC2ブログ
【気づき2454】〔気持ちがすっきりしていられる方法〕
2018 / 11 / 05 ( Mon )





◆気持ちが晴れないで苦しんでいた時期が若い頃にありました。



今となってはわかりませんが、


軽いうつ病であったのか、


そうでなかったとしても悩み症であったことは間違いありません。



そのとき、「いまを楽しむ」ためにじっとしていないでとにかく動くことや、


目の前のことに集中することが解決につながると思って生きていました。



そして、年を重ね、ここ数年、これからさらに年をとっても、


いつも「今を楽しむ」ために、


動くことをいとわないように自分をつくりあげる努力をしています。



◆また、気持ちがすっきりしないときに


「気持ちが晴れる」ことを目標にしないというあり方があることも知りました。



つまり、気持ちが晴れないというときには、


心でいつも、


「考えてもすぐに答えがでないことを考え続けている」


「楽しくないこと(つらいこと)を繰り返し思い返している」


などということを考えると、


「考えない」練習をすることが必要であることがわかったのです。

(参考:小池龍之介著「考えない練習」)



◆「考えない」



そんなことは普通できない相談です。



特に若いうちはエネルギーがたくさんあるので、


体が疲れていようとも、


思い出したくないことであったとしても何度も心のなかを駆け巡ってしまいます。



そんなときに、日本の坐禅について知識を得、


ふだんの生活の中で腹式呼吸をすることで大そう救われることも学びました。



◆それに加えて、高校時代に聞いた話も今の自分を支えています。



それは、戦時下の日本のある宗教家の話です。



その方は、国から不当な弾圧を受けて投獄されたのですが、


独房のなかで心の安定を維持するために、


一日のうちに何回か掃除の時間を設け、体を動かし、


何も考えない時間をつくってその苦しい時期を乗り越えたというのです。



◆このように、自分の方策の準備ができている人は強いと思います。



一人の人としてしっかり立ち続けることができるようになれば、


迷いはなくなります。



場合により人様の役に立つことができるのかもしれないと考え、


今後も自らを磨いていきたいと思います。



      和田 秀樹 著  

         →  自分だけはいつも「自分の味方」



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:28:54 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |