FC2ブログ
【気づき2696】〔人の役にたち、自分も幸せになる努力を積み重ねる〕
2019 / 07 / 05 ( Fri )




◆「このような思いでいて、

それに伴う行動もし続けたら、

幸せになれるかもしれない」


と感じる瞬間があります。



その思いを持ち続けたとしても、


実際に幸せになれるかどうかわかりません。



しかし、そういう感じ方で生きていけるだけでも、


すでに幸せであるのかもしれません。



◆わたしがそんなことを考えているように、


それぞれの人にはそれぞれの視点、


それに備わった能力があります。



それを活かして、どういうかたちで


それぞれの目標を達成していくかが課題となります。



その目標については、優劣はなく、


それぞれが思うところをめざすことが最善なのです。



◆目標を設定することが大切です。



しかも、その目標がどんなに大きいとしても、


人からとやかく言われる筋合いのものではありません。



実際に、「そんなこと叶うはずがない」と言われながら、


夢を見続け、しかも努力も惜しまず続けた結果、


目標を達成した人も大勢いるのです。



◆わたしも大それた目標を持っています。



それは、


「『幸せになれるかも』と思う瞬間を迎えるきっかけを

人に与えられる人になりたい」


という目標です。



それは、どういう形で達成できるものでしょうか。



「一隅を照らす」という思いで目の前のことに


真摯に向き合うことが大前提であるとは考えています。



加えて、どんな立場であると


目標が達成できるかを考えてみました。



聖職者、政治家、ボランティア、作家・・・。



◆自分が毎日努力を積み重ね、


人の役に立ちたいと考え、


わたしは文章の技を磨いていきます。



自分の書いたことを読んでもらい、


それまでとは違うことを考えるようになれるような


きっかけを与えるような仕事をしたいです。



その実現をめざし、日々を積み重ねていきます。



          齋藤 孝  著

         →  55歳からの時間管理術 「折り返し後」の生き方のコツ



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:31:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |