FC2ブログ
【気づき2711】〔スクールカーストに従って幸せなの?〕
2019 / 07 / 20 ( Sat )





◆7/16のヤフーニュースに、


「若者の『ワックス離れ』はスクールカーストが原因だった?」


という記事が挙げられていました。



「スクールカースト」という言葉になじみがなかったので


さっそく調べてみました。



すでに20年ほど前から広がり始めた言葉のようですが、


私にはなじみのない言葉でした。



これを機に、ここで常識を1つ補充することができました。



◆「スクールカースト」とは、


学校のなかの生徒間格差をカースト制度にちなんで名づけられたようです。



自分自身のことを思い出してみると、


すでに約40年も前のことですが、


通った高校のなかで生徒同士で認識している、


「格差」「格付け」があったことは間違いありません。



◆東京大学社会学研究所の研究員・鈴木翔氏によると、


「上」…容姿がすぐれている(イケメン・美女)、運動部レギュラー、話が面白い、


     ノリがいい、異性受けが良いなど「コミュニケーション能力」の高い人物、


「中」…「上」の人間ほどではないが、上に示す能力を持っている人物、


「下」…おとなしい、目立たないなど、


の基準があるようです。



◆この学校内の格付けが容易に覆ることはないことは経験で知っています。



この雰囲気がいじめにつながることも肌でわかります。



いわれもない屈辱を受ける人がいるのも事実です。



でも、その格付けに左右されないことが大事だと思い、


自分が思うように振舞い、努力もし、


人が嫌がることも進んでやりました。



それぐらいの気概がないとどういうにもならないと思うのが


正直なところです。



◆格付けにそって行動したり、


発言する人間のやらしさやつまらなさに付き合うことは、


ばからしくないでしょうか。



そんなつまらない枠にとらわれずに行動する人と親しくなり、


もっと心楽しく生きるほうがいいのではないでしょうか。



◆つまらないことにつき合うつもりはないと決めて、


「ふざけんな。お前らはどれだけのものなんじゃ!」


と気持ちのうえで決着をつけることが必要なのだと思います。



          齋藤 孝  著

         →  55歳からの時間管理術 「折り返し後」の生き方のコツ



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

05:30:10 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |