FC2ブログ
【気づき2936】〔知らないことに出会う幸運に感謝する〕
2020 / 03 / 01 ( Sun )






◆自分の知らないことがたくさんあるということを、


あらためて実感しました。



この2月に作家の古井由吉氏が逝去したという記事を


新聞で見たとき、


恥ずかしながら、この方の名前を知りませんでした。



また、文学史上の「内向の世代」という時代があったことも


はじめて知りました。



◆新聞記事では、


古井氏の経歴について書き記されていた上に、


この方が残した文学上での評伝も記載されていました。



その中に、「『居ながらにして死んでいる』といった表現などで、


戦後の社会が奥底に抱えていた傷に光をあてた」

「自分で考え抜いた言葉で思考をつむぐことの大切さを教えてくれた」


とありました。



◆私もブログを書くことにより、


思うことを自分の言葉で表現する練習をしているので、


古井氏の作品を読んで勉強することを決めました。



◆自分が初めて触れる情報が、


必ず自分に衝撃的な印象を与えるかというとそうではありません。



そのまま流してしまうようなこともあります。



しかし、そのようなことを機に自分が新しい動きを取り、


新たな思い方を習得できたとしたら、


それは非常にすばらしいことであり幸運なことでもあります。



◆そういう際には、


「思い方が変わる」→「周りの見え方が変わる」

→「生活が変わる」→「人生が変わる」


という連鎖を招くことができるかもしれません。



わたしはそういう変化を積み重ねていきたいので、


自分の知らないことに出会うことを無駄にしないように


心がけたいと思います。



          苫米地 英人  著


         →  「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

12:28:42 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |