FC2ブログ
【気づき2938】〔新型ウイルスが蔓延する今、どのように過ごすのが最適か〕
2020 / 03 / 03 ( Tue )






◆類人猿が人類に進化したというような原始の時代には、


生きるために食物を求め続け、


住居についても野獣や天災から身を守るために、


始終神経をとがらせていたことでしょう。



そういう時代を経て人類は生きのび、


そしてその遺伝子が今の時代まで脈々と続いているのでしょう。



◆このような歴史を振り返ると、一つの仮説が頭をよぎります。



それは、人間というものは、


動けるだけの体力や気力がある限り動き続けるのではないかということです。



それを裏付けるようなことが今起こっているように思えてならないのです。



◆新型コロナウイルスの蔓延を阻止するという意図で、


学校の卒業式を含めた様々な行事や催しが中止、延期、縮小されています。



しかし、そのような非常事態でありながらも、


とにかくじっとしていられない人たちもいます。



毎回の10分の1の人出とはいいながら、


東京マラソンの応援に駆け付けた人も大勢いたようです。



◆しかし、動き続けるということ以外に、


人間にはその特質として考える力を備えています。



本能的な思いを思考によってコントロールすることが


できるという能力を備えているのです。



◆現在、感染症の広がりが


自らの命を脅かすというほど身に迫っていないかもしれません。



しかし、今、うがい,消毒,マスク着用で感染症の拡大を防ぐことにより、


自分や親族や知人友人の災いを防ぐことにつながるとしたら、


それを実行することが将来の自分の心の安寧につながるのです。



◆そう考えたら、今、


どのような時間の過ごし方をするのが最適かは、


ある程度見えてくる気がします。



          苫米地 英人  著


         →  「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:32:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |