FC2ブログ
【気づき2940】〔人生最終ステージをどう生きるか〕
2020 / 03 / 05 ( Thu )






◆月刊誌「致知」3月号のテーマは、「意志あるところ道はひらく」。



あと3ヶ月で58歳。



60歳までは今の職場で勤務したとしても、


そのあとをどうしようかと考えているさ中、


致知出版社さんより考えを深める機会をいただきました。



◆今の仕事には、学校を卒業したあと、


しばらくフリーター状態の中でいろんな方の助けをもらったり、


また数々の出会いをいただいた中でたどり着きました。



その世界で30年間やってきた今、


他の世界を見てみたいという思いが頭をもたげています。



しかし、今の仕事を辞めると、


年金をもらえる65歳までの生活の糧を得るところを


新たに定めなければならないという課題もあります。



◆せっかくこの世に生を受けたのだから人生を全うしたいと思います。



これからやろうとすることはこれまでとは全く違う分野であり、


先行きはわからず不安が募ります。



しかし、世のために少しは役に立つことと思います。



あと2年のうちに、家族の不安を拭い去る努力をして、


自分の人生の第4四半期(最後のステージ)を


思い通りにやり抜きたいと思います。



◆人生100年と言われていますが、わたしは80年で考えています。



そこで、60歳~80歳の時期は第4四半期にあたります。



家計のことも考えながら、自分がやり残したことをやりながら、


離れて暮らしている母親の終末にも十分関わりたいと考えています。



これまでは、


自分の思い以外を立てながら生きてきたように自分では感じています。



60歳からは、


これまで以上に自分の思いを中心に生きていこうと思います。



◆そのように考えが吹っ切れた時から、


今まで気にしていたことがそんなに負担に思わなくなりました。



これも、年齢を重ねていく中でのひとつのステップアップなのでしょうか。



健康に留意しながら、


自分の人生を全うできるように毎日を大切にして突き進みます。



          苫米地 英人  著


         →  「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:38:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |