FC2ブログ
【気づき2942】〔『私心なく努力をしたら功を成す』は本当か、人生最後に試してみる〕
2020 / 03 / 07 ( Sat )






◆東洋古典の菜根譚の言葉に、


「天は無心のところについてその衷を牖(ひら)く」


というものがあるようです。



「天は一つの目標に向けて意志を固め、無心に努力する者に、

その真心をひらいて導いてくれる」


という意味です。



◆玄奘がゴビ砂漠を通り、インドに向かう際、


行程中に必要な水を誤ってすべて流してしまったといいます。



一滴の水も飲まずに4日、5日とたった後、


ついに倒れて立ち上がれなくなりました。



そのときに神が現れ、


「なぜ、起きない。なぜ眠っている」という声が聞こえたといいます。



◆再び歩き出したものの、


行こうとする方向とは違う方向に馬が進んでしまいました。



それを引き留めようとしても止まらないので、


仕方なく馬に任せて進みました。



するとその先にきれいな水が湧く池があり、


玄奘と馬は生き返ったのです。



人の誠は神に通ずるのだと、玄奘は天を仰いだといいます。



◆先が不安なことは当然なことです。



現実問題として、行ってみないと何があるのか、


また起こるのかは予想がつかないのです。



希望すれば60歳を越えても


雇用は守られるように制度は変わってきています。



同じ会社に勤め続けられる可能性が高くなってきているのです。



しかし、やりたいことがあり、それにチャレンジしてみたいので、


悔いを残さないためにもやってみようかなと思います。



◆「世間、心力を尽くして私なき者、必ず功を成す」
(二宮尊徳)


「『むずかしいことだけれどやろうじゃないか』ということを言い続け、

そして実際にやる努力を続けていけば、必ず事は成る。

『もうできないだろう』とさじを投げたら、永遠にできない」
(松下幸之助)



先人の言葉に勇気を得て、前に進むこととします。(引用:月刊誌致知3月号)



          苫米地 英人  著


         →  「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める! 



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:04:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |