FC2ブログ
【気づき2954】〔別れの言葉は、かわしたい〕
2020 / 03 / 19 ( Thu )






◆切ないことに、卒業という大イベントのあるこの時期に、


運悪く新型コロナウイルスの感染拡大ということが起きてしまいました。



もし、卒業式が中止されて、最後とは言わないまでも、


友達とひと区切りの挨拶ができないまま


別れることになることがあるかもしれません。



◆わたしが高校を卒業して約40年が経ちます。



当時仲が良くていつも一緒にいたけれども


卒業以来一度も会っていない友達もいます。



そういうことが実際にあるのですから、


卒業式が中止となったとしても、


少なくとも一言でも伝えたい人には


アプローチをしておくことが後悔しないことにつながると感じます。



◆どれだけ時間が経とうとも、どれだけ距離が離れていようとも、


なんとか会いたい人に会えるということが


人生のなかであるかもしれません。



しかし、その相手がこの世からいなくなってしまっていては、


どうすることもできません。



来世かあの世で再会するしかなくなってしまうのです。



◆若いうちは、気恥ずかしい気持ちが先にたったり、


すこしだけめんどくさいという思いが起こったりして、


行動を起こさないことがありがちです。



しかし、そういう理由でかまけることで、


後悔することがあるのも事実です。



今はこれまでにない、


パンデミックということを経験しているなかではあります。



しかし、今しかできないことを実現できる時期は


あと2週間しかないことも事実です。



◆ありたけのエネルギーをそこに注力することが


自分を救うことにつながるかもしれません。



そのことを考えないではいられない気持ちでいっぱいになります。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:30:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |