FC2ブログ
【気づき2958】〔25年の重みとありがたさ〕
2020 / 03 / 22 ( Sun )






◆「地下鉄サリン事件が発生してから25年が経ちます」と、


テレビから流れるアナウンスを聞いてすこし驚きました。



25年というかなり長い時間であるにもかかわらず、


自分にとっては非常に早く過ぎてしまったことに対する驚きです。



◆25年というと、人が生まれてから高校を卒業し、


さらに進学したり、社会人になるというほど長い時間です。



その時間を、


当時32歳であった私の年齢に継ぎ足したと考えてみると、


そんなに長い時間をすごしたのかという感慨が起こります。



◆愚息が小学校4年生のとき、


学校で「2分の1成人式」というイベントがあったことを記憶しています。



そのときに、2分の1成人式を迎えた子供に


親が作文を書いて提出したように覚えています。



◆子供が2分の1なら、私はもうすぐ3倍成人式です。



たしかに、1と2分の1成人式(30歳)を迎えて以降、


結婚、子の出生,成人、父親逝去など、


歳を重ねるごとに多くの人が体験することを


私も同じように経験させてもらいました。



そういうことを経たあとの3回目の成人式であるからこそ、


それまでとは違う冷静さとスタンスで迎えることができます。



経験のなかでいろんなことを考えさせてもらいました。



強くもなりました。



これまでのあらゆることに感謝します。



◆3倍成人式を迎えるにあたり、


時間の使い方、お金の使い方、気持ちの置き方を


再点検させてもらい、


より充実したオリジナルの人生を組み立てたいと思います。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

08:15:41 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |