FC2ブログ
【気づき2972】〔流れてくる情報だけを頼りに行動していいものか〕
2020 / 04 / 06 ( Mon )






◆新聞に出ている広告であるといっても、


そこで宣伝されている商品がすばらしいものであるかどうかは


実際のところわかりません。



広告費を新聞社に払っていれば、


ある程度の審査の後、広告は人の目に触れることになります。



◆また、この春の新型コロナウイルスの報道において、


トイレットペーパーが手に入らなくなるという映像が放映されました。



ドラッグストアのトイレットペーパーの棚が


空っぽになっている映像です。



結局、


トイレットペーパーが手に入らないというのはデマであったのですが、


その報道が買い占めをする心理を煽ってしまったように思います。



◆新聞を発行する会社も映像を配信する放送会社も、


会社としては大きく、一流といわれる会社です。



しかも、報道を担う会社を信用しているという日本人の感覚もあります。



しかし、結局、信用できない情報をもとに


国民が踊らされるという事実もあります。



その点は考えてみるべきではないでしょうか。



◆先日、京都大学の佐伯啓思名誉教授の、


現代文明の脆弱性についての考えが朝日新聞に掲載されていました。



グローバリズムが世界に及ぼしている影響について、


マスコミのあり方について、国のリスク管理について


などに関する意見が述べられていました。



そのなかで、


「この10年20年の市場主義、効率主義、

過度の情報文化にわたしたちは翻弄されていた」


「豊かで自由であると思われていた現代文明は脆いことを知り、

ここで、本来持っている常識や良識を取り戻すことも大事である」


ということも書かれていました。



◆自分たちの生き方、または、自分のあり方を確認し、


それを行動基準の軸に据えるという訓練をしなければなりません。



今後は、流れてくる情報だけを鵜呑みにせず、


自らも情報収集をし、自分で考え、


その考えにそって行動することを積み重ねることも必要だと思います。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:03:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |