FC2ブログ
【気づき2975】〔パンデミック後の世界情勢の見方〕
2020 / 04 / 09 ( Thu )






◆ふだんつきあっている友達とは、


一緒にいたいから一緒にいます。



多少のことがあったとしても、


「あいつはそんな感じのやつだから」


「そういう動き方をするやつだから仕方がない」と思えたら、


つき合いは継続します。



しかし、あまりに理解ができない行動をとると、


徐々につき合いはなくなっていきます。



◆いま世界を覆っている新型コロナウイルスは、


中国から世界に拡散しました。



中国は「アメリカがウイルスを中国に持ち込んだ」


としていることの正否は確認が取れないことなので、


それは抜きにして考えます。



しかし、実際に、


今回のウイルスの影響で世界中で感染が拡大し、


死者も多く出ています。



人の行き来もなくなり、同時に物流もとまり、


地球全体の人間の活動が抑制されるに至りました。



◆その中で、感染拡大の峠を越えた中国は、


ウイルスはアメリカに持ち込んだということを前面に押し出しながら、


他国の感染に対する医療技術や物資の支援を、


中国のイメージアップを図るように繰り広げています。



◆国のつきあいと個人のつきあいを、


同列に考えることはできません。



しかし、いまの中国の国としての姿勢は、


世界の人々にどのように映るのでしょうか。



国の方針としてそれはどうなのでしょうか。



加えて、世界の経済的な中心として


中国に工場が集中していることのデメリットも今回、露わになりました。



◆今後の世界情勢を理解するうえで、


今回のパンデミックは大きな要素となります。



今後、社会情勢を考える上で、


今回のパンデミックの意味を加味しないと


真相を捉えることはできないと思います。



          田坂 広志  著


         →  運気を磨く 心を浄化する三つの技法



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:24:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |