FC2ブログ
【気づき2984】〔感染症の拡大の収束後に、期待できること〕
2020 / 04 / 18 ( Sat )






◆わたしの従事する医療福祉分野では、


「申し送り」という言葉をよく使います。



前任者が勤務時間に行った業務の内容や、


指示・命令などを次の時間帯の担当者に伝えることです。



毎日の仕事の上で、上司、同僚、部下と情報を共有すること、


あるいは情報をきちんと伝えることは


非常に重要なことだとあらためて思います。



◆この手順をしっかり実践し、


仕事をしている者同士で情報をきちんと共有することが、


患者様や利用者様の安心安全、


そして命を守ることにストレートにつながるのです。



◆あらためて「人の安心安全や命を守るためには何が必要か」


と問いかけ、考えてみました。



まず思い浮かぶのは、警察官や医師の姿です。



しかし、それだけではないことが、


いまの新型コロナウイルスへの対応の報道を見ていてよくわかります。



◆病院で働く看護、介護、


加えてそれを支える事務系の仕事も社会を支えています。



相談業務や感染拡大阻止のために


保健所や市町村の役所も活躍していますし、


そのほか、各種の行政機関、福祉関係機関も協力しています。



◆このように考えをたどると、


人と人のつながりの中で私たちの生活は成り立っていることに


あらためて気づきます。



そんな現実の中で、


いま私たちは人とのつながりを敢えて遮断しなければならないからこそ、


異常な事態、緊急の事態といえることがよくわかります。



◆このような事実を、今回あらためて、


世界中の人が同時に確認することができました。



今回の感染症拡大が収束した暁には、


これまでとは違う価値観で国同士の付き合い、


人同士の付き合いの新たな展開を迎えられる可能性もあるのではないでしょうか。



それが現実になることを楽しみにして、


今は、今しかできないことを自分なりにみつけておとなしく過ごそうと思います。



         安田 正  著


           →  超一流の雑談力



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

16:31:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |