FC2ブログ
【気づき2998】〔人が耳を傾ける人、そうでない人の違い〕
2020 / 05 / 02 ( Sat )






◆「非常に上手」というわけではないのですが、


人の心に染み入る歌を歌える人がいます。



経験豊かと思える年齢の人だけでなく、


10歳代の少年少女でもそういう人が実際にいるのです。



◆なぜそんなことが起きるのかを、


大脳生理学や心理学の観点から明らかにすることができるのでしょう。



それに加えて、


その人が積み重ねてきたものや先祖から受け継いだものによって、


人の心が動かされることがあるように思います。



◆「味がある」という表現があります。



感動を呼ぶとまでは言わないまでも、


なぜか人の気持ちを引き寄せ、


そういう人のところには自然と人が集まるのです。



しかしながら、そういう人がいる反面、


人を遠ざけてしまうようなあり方をしてしまい、


人との接点を持ちにくいようなタイプの人もいます。



◆職場で、人から自然に受け入れられる人が、


目標達成のために号令をかけた場合に、


全体が自然にその実現のために動き始めます。



それに対して、ふだんから反感を持たれたり、


組織の下位の人から馬鹿にされている人がそういう役を担うと、


それまで以上に組織の統率が取れなくなることがあります。



◆そういう観点から、


もし世の役に立とうと思って生きているとしたら、


①謙虚であること、


②自分を引き立てる努力をすること、


③自分を成長させるための努力は

社会にとって有益なことだと信じること、


が肝要です。



         安田 正  著


           →  超一流の雑談力



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:05:22 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |