FC2ブログ
【気づき3019】〔年を重ねてくると、見えてくること〕
2020 / 05 / 23 ( Sat )






◆太平洋の真ん中で難破したとします。



生き延びるためには、


一番近い陸地に向かわなければなりません。



しかし、どの方角にも陸地が見えないとしたら、


生き延びるためにはどうしたらいいのでしょうか。



◆波に逆らっては体力を失うだけですから、


波間に漂いながら無駄な動きを取らないようにして


時間を過ごすことになるのでしょう。



これは、自分の運命を神に委ねるしかない、


差し迫った状態です。



まさしく、希望も持てない状態です。



目指すものがなくてどうしたらいいのかわからず、


思考も行動も停止してしまいそうな状況です。



◆しかし、かなり厳しい状況ではありながらも、


海が大荒れになることもなく、サメに襲われることもなく、


遠くではありながらもなんとか陸地が視界に入ってきたとしたらどうでしょうか。



それまでとはうって変わって、


希望が湧いてくるのではないでしょうか。



◆若い頃は、先行きを見通すことができず、


不安を感じながらも前に進まなければなりません。



途中に、いろんな指標を定めたり、見つけたりして、


ようやく前に漕ぎ出すきっかけをみつけて進んでいるように感じます。



そんなときに、自分なりの目標をしっかり設定できると、


それに向かって進めばいいので雑念を取り払って前にいくことができます。



◆それに加えて、


実は加齢というものも実は自分を支えてくれることになるのです。



例えば、自分が60歳になり、


80歳に死ぬまでに何をするかということを想定した場合、


若いころに目標を設定するときとは違う意味で、


かなり割り切ることができますし集中することもできるのです。



なぜなら、人生の終わりが近づいてきているという


現実があるからです。



◆年を重ねることを


「衰え」という観点だけから見る場合が多いですが、


実は加齢は覚悟を決めることができるための


大変重要な要素であるのです。



決して、忌み嫌うようなものではないのです。



         安田 正  著


           →  超一流の雑談力



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:24:18 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |