FC2ブログ
【気づき3030】〔自分なりの仕事の流儀を持つ〕
2020 / 06 / 03 ( Wed )






◆「電灯をつけたのなら、使い終わったら消しなさい」



子供の頃に母親によく言われた言葉です。



トイレにいき、室内灯をつけ、用を足し、


そのあと室内灯を消さないままであることがよくありました。



一人で暗いところにいることの怖さと、


早く茶の間に戻ってテレビ番組の続きを見たいという気持ちが


先に立っていたのだと思います。



◆しかし、これと同じようなことが、仕事場でも起こります。



以前勤めていた職場のデイケアサービスでの話です。



朝、利用者をお迎えする際や夕方に自宅にお送りする際に、


ピロティの照明を一斉に点灯します。



しかし、送迎が終了しても、


照明をつけたままにしていることが多くありました。



◆きれいな言葉づかいではありませんが、


「けつを拭く」という言葉があります。



この言葉の本来の意味は、


失敗したことを自分で帳尻をあわせるということですが、


個人のイメージとして、


「自分のやること一つ一つにけじめをつける。

そのために、やるべきことが完了したと思った時点で、

抜けがないかを確認する」


という意味でとらえています。



一区切りがついた際に、


自分に「けつは拭いたか」と問いかけています。



◆その確認をすることなく、


仕事が終わったことの安どを感じることに


意識を移してしまってからは、


やるべきことがなされていないことに思いがいくことは


ほぼないと思います。



かりに抜けていることがありそのままにしていたとしたら、


それまでかけたエネルギーや気持ちの評価が


大きく目減りしてしまうことになります。



◆自分に対する人さまの評価が低くなるだけでなく、


自分で自分自身のことが嫌になることは非常に切ないことです。



そんな思いにならないで済むように、


再確認をすることを習慣づけることは、


自分を大切にすることにもなるし、


身を助けることにもなると思います。



     ダニエル・ネトル  著


       →  幸福の意外な正体  なぜ私たちは「幸せ」を求めるのか



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

15:11:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |