FC2ブログ
【気づき3031】〔親としてのメッセージを、自分史という形で子供たちに渡す〕
2020 / 06 / 04 ( Thu )






◆今思えば、母親とは小学校時分より、


ずいぶんと色んな話をしてきました。



母親がしゃべり好きであったこと、


一人っ子であったことと、


父親は寡黙であったという条件がそろっていたせいでしょうか。



そのため、母の両親のこと(私の祖父母)、母の幼少の頃の話、


青春時代の話、父親と結婚するまでの経緯、


結婚してからの父親との関係性などについて


かなり細かいことまで知っています。



◆しかし、父親は帰宅が遅かったうえに、


口数が少なく、成人するまではあまり話をしたことがありませんでした。



学校を卒業して社会人になってから、


ようやくいろんな話をし出したように記憶しています。



就職したのが病院であったこともあり、


延命治療をするかどうかとか、加入している任意保険、年金額などを、


一人息子である自分が後のことをやらなければならないことを


きちんと説明したうえで聞いたりもしました。



◆しかし、父親の幼少の頃の事や、母親との出会いのことなど、


ところどころしか情報を得られないまま、


父親は昨年他界してしまいました。



今となっては、確かめようがなくなってしまいました。



残念です。



◆私の息子3人が、私のことを知りたいかどうかは知りません。



しかし、死んだ後の対応のことをエンディングノートに書いて伝える時代です。



法的なことだけでなく、


プライベートのことについてもまとめておき、


親から子へのメッセージとして自分史を近いうちに渡そうと思っています。



◆いまのところ、20字×20字の原稿用紙で100枚くらいにはなりました。



あまり長く書いても読んでくれないかもしれないので、


160枚までに収めようと考えています。



何を、どのように考えて、どのような判断をし、どのような決断をしたのか。



自分の力だけではなく、


いろんな場面でいろんな人に助けてもらったことなどを伝えようと思います。



それをどのように捉えるかは当人たちに任せます。



ただ事実を淡々と記したいと思います。



◆この作業は、今の自分にとっても非常に有意義なことで、


また非常に心癒されることであることはラッキーだと思います。



もし、この時点で絶筆となっても、


ある程度のことは伝わるところまできています。



この9月いっぱいで書き上げるつもりで、


すこし気を引き締めて専心したいと思います。



意外に面白い試みです。



     ダニエル・ネトル  著


       →  幸福の意外な正体  なぜ私たちは「幸せ」を求めるのか



「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
-------------------------------


スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:11:08 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |