fc2ブログ
【気づき4222】〔お笑い好きの環境で身につけたこと〕
2023 / 02 / 20 ( Mon )


◆親の仕事の関係で、幼稚園の途中から高校卒業まで


兵庫と大阪で過ごしました。



特に大阪は、お笑いの文化が生活に根付いており、


毎週土曜日の午後、日曜日の午後は、吉本新喜劇、松竹新喜劇が


テレビで放映されていました。



◆そういう環境なので、会話のテンポや間(ま)や言葉の選択についても、


小学校のときから、友達同士お互いに、自然と評価し合うような毎日でした。



大阪では、芸人さんではないのに、


多くの一般人がこんな気持ちで暮らしています。



ただ、その風潮は、お笑いの技術を高めるというだけではなく、


私の人生にとっては大きなプラスをもたらせてくれました。



◆笑いを取ろうとして働きかけても、相手が受け容れてくれないと、


一緒に笑い合うことはできません。



笑い合えるということを実現しようとするプロセスで、


「今は、笑いを取っていいようなタイミングか」

「どこまで盛り上がっていいのか」

「この話題や言葉の選択は適切か」


などに神経を配り、周りの雰囲気を瞬時に察知して判断する力も


同時に身につけることができたと思います。



◆「自分も楽しい、そして相手も楽しい」



瞬時に、そんな雰囲気を提供し、


その上、人間関係にも良い影響を与えることができるとしたら、


それはお互いの時間を充実させる1つの大きな能力であると思います。



     渡部 昇一 著

       → 60歳からの人生を楽しむ技術〈新装版〉




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |