fc2ブログ
【気づき4279】〔社会のためにできること〕
2023 / 04 / 18 ( Tue )


◆学校を出て社会人になる時、「世の役に立つ仕事をしたい」という思いを軸にして


自分なりの選択をしました。



今思えば、世に必要な仕事は、


すべて世の中を支えているということではあるのですが。



◆結局、わたしは医療福祉の分野で働くことにしました。



高齢者施設で勤務していたときは、


入所されている親御さんが安心して過ごせる場を提供することが


家族の安心につながり、それが社会のため、


この国のために役に立つと思って仕事をしていました。



◆今、世界の中で、日本の評価はどんどん落ちています。



論文数、引用される論文数、研究者数が漸減しており、


それゆえ、各種の研究も技術革新の実績も低迷しています。



自分の国が廃れていくのをみるのはつらいことです。



特殊な技能を持ち合わせてはいない私ですが、


できることはないかと真剣に考えてしまいます。



◆今やっている仕事は、緑地管理。



それが社会にどう貢献できるでしょうか。



そこも、考え方次第ではないかと考えます。



きれいに整備された景色を見て、


少しでもリラックスできる人がいると信じて仕事をします。



◆実際に世間に人がどう思うかはわかりません。



どれだけの人が私の思ったように感じてくれるかはわかりません。



自己満足な思い方かもしれません。



でも、数年前、遊園地で、寝たままの状態で酸素を投与されながら


嬉しそうにご両親と過ごしていた少年をみかけました。



その時、たった1つのことでもいいから、また短時間でもいいから、


その少年の心に届くことが何かできるかもしれないと


そのとき思わせてもらったから、


私の思いは揺らぎません。



◆特別なことではなくてもいいから、


きっと届くこともあると思って仕事をします。



     アンデシュ・ハンセン 著

       → ストレス脳




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |