fc2ブログ
【気づき4289】〔きつくても、やればそれだけ得るものがある〕
2023 / 04 / 28 ( Fri )


◆定年を迎え、以後はこれまでとは違う仕事を始め、


4カ月が過ぎようとしています。



そして、今、これまでの社会人生活を振り返ってみて、


ふと気づいたことがあります。



それは、職場内に、自分を指導してくれた、


先輩や上司に出会えなかったことです。



◆初めて就職した平成元年、その職場での上司は、


「仕事は先輩から盗め」と公言していました。



その境遇の中で自分はどこまでできるかを試そうと思いましたが、


「効率が悪いな」「時代遅れだな」と思っていました。



◆転職した先には、所属する部署には上司はおらず、


自分で仕事を見つけ、深めていかなければなりませんでした。



私の上司となる人は、組織全体を切り盛りする立場の人であり、


私のしている仕事の内実は理解できていませんでした。



詰めの部分の判断は私がやるしかありませんでした。



◆この世にはいくつもの職場がありますが、そこには、


懇切丁寧に指導してくれる先輩がいるものなのでしょうか。



私はそのような幸運には恵まれなかったので、


結局、頼りになるのは自分だけでした。



教えてもらうことがあるとしたら、それは、


「それはおかしい」という手本になる、反面教師しかいませんでした。



◆「教えてくれる人がいない」



これは確かに不幸なことです。



しかし、そのような状況であることが避けられないとしたら、


自分を鍛える状況であるということを覚悟して受け止め、


取り組むしかありません。



◆それはきついことです。



しかし、耐えて乗り越えると、確実に実力を得ることができます。



しかも、仕事をこなす上での力だけでなく、


なかなか手に入れることのできない、


精神的なタフさも獲得できるのです。



◆やったらそれだけのことを得られるということは、本当のことです。



     アンデシュ・ハンセン 著

       → ストレス脳




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

16:32:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |