fc2ブログ
【気づき4419】〔『白か黒か』だけではない生き方を取り戻す〕
2023 / 09 / 05 ( Tue )


◆最近、よく耳にする言葉や自分で発する言葉の意味を、


自分自身がよく理解できていないと気づくことがあります。



そんな言葉に出会うときは、


国語辞典で意味を調べて書き出しています。



そして、少し経ってから、時々読み返しています。



そんな言葉の内の1つが、「絆」という字です。



◆東日本大震災以降、人と人の繋がりの大切さがあらためて共有され、


それを象徴する言葉として、この「絆」という語をよく目にするようになりました。



◆辞典の記述を読むと、絆という字には、


「牛馬をつなぐ」という意味と、「人と人とをつなぐ」という意味があります。



人と人の結びつきが絆であると私たちは認識していますが、


それが度を過ぎると束縛になるということもいい表しているのではないかと、


国語辞典と漢和辞典とにらめっこをしながらそんなことを思いました。



◆ただ、この「絆」という語の解釈において、


「つながり」かそれとも「束縛」かという、


どちらか1つしかあてはまらないということではないことを、


私たちはすんなり理解できます。



◆言葉の解釈の程度にはグラデーションがあることをあらためて認識すると、


世の中の多くのことが、


白か黒かのどちらかを迫られているように感じてなりません。



つまり、境界線付近の曖昧なゾーン(思い方、態度、あり方等)が許されにくい時代です。



そのようなルールが至る所にあり、結果的に非常に生きづらい世の中になっています。



◆IoTやそれに影響を受けているのか、状況の変化が激しく、価値観も変化し、


しかも一つの状況が長く続かない今、


私たちは落ち着いて生きていられない事態を結果的に招いてしまっています。



そんなことに気持ちを押し潰されているとしたら、


何のための進歩発展かわからないと思いませんか。



◆それにストップをかけるために、意識を変えるきっかけがどこかで必要です。



今の生き方を再検討して、


もう少しゆとりのある考え方を取り戻すことが必要ではないでしょうか。



     千葉  雅也 著

       → 現代思想入門 (講談社現代新書)




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |