fc2ブログ
【気づき4441】〔2位じゃ、ダメなんでしょうか〕
2023 / 09 / 27 ( Wed )


◆「2位じゃ、ダメなんでしょうか」



2009年民主党の事業仕分けの際、


蓮舫議員が次世代スーパーコンピューター開発費の削減についての議論の際、


そう質問したことを非常に鮮明に覚えています。



◆実際、ビジネスにおいて、新技術の開発、新しい商品の開発は二番手は


一番手の後塵を拝することです。



しかし、開発者サイドからは「世界一を目標にしている」という表明のみで、


なぜ一番が必要かを説明しきれなかったことは大失敗でした。



◆事業仕分けに先立つこと5~6年前に、


スマップの「世界に1つだけの花」という曲がリリースされました。



 「ナンバー1にならなくてもいい。もともと特別なオンリー1」



事業仕分けの際の「2位じゃダメなんでしょうか」という言葉を聞いた後、


真っ先に、この歌のこの歌詞が頭に思い浮かびました。



そして、社会情勢と個人を同列に語ることはおかしいことなんだということを


認識した覚えがあります。



◆「ナンバー1か、それともオンリー1か」



この言葉をどう考えるかを、生物界からの視点ではどう考えるかを


今回学びました。



生物界では、ナンバー1にならないと生き残れないのは事実のようです。



しかし、それでは、生き物が1種類だけにならないのはなぜかという疑問が起こります。



その理由は、「住み分けができているから」。



◆つまり、同じフィールドで競合していれば淘汰され、生き残るのは1種のみなのです。



しかし、少し、居場所を変えると、



そこで競合することがなければそこでその種は生き残るのです。



生物界では、ナンバー1ではなく、オンリー1の勝利ということです。



◆この事実をもとに考えると、


人間として生きていくためには、


・ 誰もが思うようなナンバー1でなくていい、

・もっとも簡単にナンバー1になれるのは、「自分らしさ」


を主軸にすればいいと著者はいいます。



◆芸人さんも、歌手なのに歌がうまくない、バンドに所属しているのに楽器が弾けない、  


TV番組アメトークで、「相方デブキャラ芸人」「40過ぎてバイトやめられない芸人」などを


多くのファンが視聴しているようです。



つまり、個性として受け入れられているのです。



◆なにも自虐的にならなくてもいいから、自分のありのままを受け容れ、


ありのまま表現すること、


そしてそれを受け入れてもらえることが幸せなのかもしれません。



     稲垣 栄洋 著



       → 雑草はなぜそこに生えているのか 弱さからの戦略 (ちくまプリマー新書)




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |