fc2ブログ
【気づき4518】〔仏教の考えを借り、切ない思いを断ち切る〕
2023 / 12 / 13 ( Wed )


◆何年も経ってから、


「あの時、とんでもないことをしてしまった」と後悔するようなことがあります。



そして、気持ちを整理しきれないで、罪悪感を感じるようなこともあります。



◆そんな殊勝な思い方をする人ばかりではないわけですから、


そんな風に思えるだけでもまともであると思って、自分を慰めたりもします。



しかし、別の見方をすると、後悔しても仕方がないことで心を暗くすることは


今をどれだけ充分生きているかという視点から見れば、


かなりマイナスであると言うことができます。



◆仏教では、自分の罪にこだわることについては、その心を一刻も早く捨てて、


仏の救いに身を任せるようにすすめています。



過去の罪を思い悩んでも悩みきれるものではないのですから、


そこでその思いを捨てて仏にまかせればよいという教えです。



◆この教え、あるいは発想は、一つの救いであるのではないかと思います。



精神を健全に保つために仏様にお任せして、


自分のその時の思いをぬぐい捨てるという習慣を身につければ、


心穏やかな時間が増えるのではないかと思います。



     稲垣 栄洋 著



   → 雑草はなぜそこに生えているのか 弱さからの戦略




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |