fc2ブログ
【気づき4574】〔自分なりに、徳を積む生き方をめざす〕
2024 / 02 / 07 ( Wed )


◆「徳を積むことはいいことだ」という言葉を聞いて、


「それは確かにそうだろう」と思います。



しかし、「徳って、どういうことですか」と尋ねられると、


意外に言葉にしにくいのではないでしょうか。



◆調べてみると、徳とは良い行いのことを言うようです。



半世紀前に祖父から買ってもらった、旺文社の国語辞典で調べると、


①道を行って体得した品性、②人から信望を得るような人がらや行い、


とあります。



◆「命も要らず、名も要らず、位も要らず、金も要らず、


という人こそもっとも扱いにくい人である。



だが、このような人こそ、人生の困難を共にすることのできる人物である。



また、このような人こそ、


国家に偉大な貢献をすることのできる人物である」
西郷南洲翁遺訓 高潔な精神と広い度量



◆これは西郷隆盛の言葉であり、本人の生き方そのものです。



この品性までには遠く及ばないとしても、


この境地に近づく生き方はできるのではないかと思います。



そのような覚悟と、それに伴う行動ができるように


自分を高めることを目標の1つに掲げる生き方はすてきだと思います。



     岩淵 悦太郎 著



   → 悪文




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |