fc2ブログ
【気づき4576】〔『しっかりやる』だけでは事は進まない〕
2024 / 02 / 09 ( Fri )


◆1月の終わりの天声人語にもありましたが、


今の首相の発言には、「丁寧に」「真摯に」「適切に」という修飾語が多いです。



施政方針演説では、「しっかり」を繰り返していました。



◆しかし、これは政治の場に限ったことではなく、


職場の会議でも同じようなことが起こっています。



「懸命に努力します」「精進します」などの言葉は


多く聞かれる言葉の代表です。



◆仕事では、何時までに何をやるのかを決めて、


それに向けて毎日何をやるのかを具体的に挙げることが常識です。



計画通りに進んでいない時は、予定自体を変えるか、


あるいは進める速度を上げるという修正をします。



つまり、都度、進行状況を見極めないと、


なかなか予定通りにはいかないものです。



◆何時までにやるということを表明しなければ、


また、具体的に何をするのかということも明確にしないで


事がなせるはずがありません。



国がそんな状態です。



日本社会全体がそんな甘さのまま運営されていくのでしょうか。



国としての質も、世界での評価もこのまま下がっていくしかないのでしょうか。



◆国会での首相答弁を映像で見るたびに切なくなる毎日です。



     岩淵 悦太郎 著



   → 悪文




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |