fc2ブログ
【気づき4589】〔『無理!』は意外と成長できるチャンス〕
2024 / 02 / 22 ( Thu )


◆医療福祉分野で働いていた時、


介護職員の処遇を改善する制度が導入されました。



介護保険事業者に助成金が入るということだったのですが、


何せ制度が曖昧な上、計算が複雑で、


しかも締め切りまでの期間もかなりタイトでした。



◆職員の待遇が良くなることなので、いい加減にやるわけにはいきません。



手続きをミスしたら職員や組織に迷惑をかけます。



加えて、自分の評価も下がるわけです。



結局、「ふざけんなー。もっとわかりやすい手続にしろよ」


という思いを抱きつつ、休みを返上して業務をやり遂げました。



◆できている人は、どんな仕事が回ってきても押し頂いてやるかもしれません。



しかし、上の手続きに対応した際は、私はそんな謙虚な気持ちではありませんでした。



そうであるにもかかわらず、この時に仕事をやり遂げたことが、


それ以後きつい課題を抱えた時に、


「俺はできる。あのときできたんだから」


と、できないかもしれないという不安を難なく一掃することができるようになったのです。



◆仕事をやっていると、


「これは、私がやることか?」

「これは、給料に見合わない」


と思うようなことが実際あります。



不当な条件下で不満を感じたり、時には屈辱を感じることがあるかもしれません。



◆それを文句も言わずに受け入れろとは言いませんが、


そういう時に覚悟を決めて臨んだら、


それが意外に自分の自信になったり、実績になったりすることがあるのも事実です。



◆事に限度というものはあるでしょう。



しかし、受け取り方によっては、


やったらやっただけの収穫があるというのも事実なのです。



     岩淵 悦太郎 著



   → 悪文




「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。


「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  


-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けます。
------------------------------
スポンサーサイト



テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

06:03:58 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |