【気づき15】〔震災関連記事の横に、親子の笑顔の広告はふさわしい?〕
2012 / 03 / 01 ( Thu )






◆今朝、朝刊(全国紙)を読んだ際に、


紙面をめくった途端に一瞬頭の中が真っ白になり動けなくなりました。



見開きの左半分は震災に関する情報のページでした。



そして、右半分全面にふりかけの広告が掲載されていました。



◆そのふりかけの広告には、


母親らしき女性とかわいい女の子が笑顔でごはんを食べている写真のわきに、


「かぞくは、ごはんでつながっている」というコピーが添えられていたのです。



◆震災から1年がたとうとしていますが、


いまだに行方不明の方が多くいらっしゃいます。



また、親族や友人、知人を不幸にも大人数亡くした方の心のケアについても


同じ新聞社で記事にしているというのに、


事もあろうに見開きにそのような配置をしないでいいのではないかと思います。



◆震災に合われた方は、


新聞の記事によって知り合いの現状を知ったり、


場合により同じ経験をした人の発言で心がいやされる面もあるでしょうから、


震災関連の記事にも目を通していらっしゃると思います。



そのような状況の方に対して、


人によっては現実を思い知らされてつらくなるような広告を


すぐ横に配置するとはどういうことなのでしょうか。



◆そのようなことについて確認がなされた上であの広告は掲載されたのでしょうか。



そのような感じ方をするのは私だけなのでしょうか。



◆震災で亡くなった高校の後輩を偲んで東北に行こうとしているわたしの心に、


自分が何をやるべきかを、


今朝の新聞は運んできたのでした。




        人気blogランキングは、こちらです。



          にほんブログ村は、こちらです。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:37:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき16】〔自分を見失わない〕 | ホーム | 【気づき14】〔相手を見て話題を変える〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1739-31cd52be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |