【気づき18】〔笑顔がマイナスに働くとき〕
2012 / 03 / 04 ( Sun )






◆人の笑顔はすてきです。



笑顔でいる人を見ていると心がなごみ、


ついついそういう人に目がいってしまいます。



また、笑顔は人を楽しくさせるだけでなく、


笑顔でいると自分も楽しくなります。



笑顔が幸せを呼ぶというのは本当です。



しかし、このすばらしい笑顔も、


状況によっては人に不幸をもたらすこともあるのです。



◆人が人に笑顔を向けるということは、


その人を受け容れているというサインでもあります。



ですから、Aという人の言うことに対して笑顔で応えると


その見解に間接的、消極的にも同意したと受け取られます。



また、Bという人の発言に対しても笑顔を向けると、


同意していると受け取られます。



ここに、大きな罠があります。



◆本人の意図はどうであろうとも、


笑顔をむけると、


Aという人にもBという人にも同意を表明したことになります。



もしAとBの両者が心情的に敵対関係にあった場合、


どういうことになるでしょうか。



こういう場合、


双方に笑顔を向けているとどちらにも良い顔をしていると受け取られて、


うとまれることになりかねません。



◆また、ある人が特定の個人のことを冗談まじりに馬鹿にしている話を


笑顔で聴いていたとすると、


その話しに同意することと同じ意味になります。



馬鹿にされた本人やその取り巻きから反発されるということも起こり得ます。



◆笑顔は基本的には人と人の関係を取り持つものとなります。



しかし、なんの考えも無く、


ただ無邪気に笑顔を振りまくことが大きなマイナスになることもあるのです。



うまく生きていくためには知っておくべきことです。






       3分以内に話はまとめなさい できる人と思われるために

          高井 伸夫 著




        人気blogランキングは、こちらです。



          にほんブログ村は、こちらです。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:27:51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき19】〔心理的距離を縮めるためには〕 | ホーム | 【気づき17】〔都会では無神経でないと生きていけない?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1742-db4cebc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |