【気づき51】〔国を信用してはいけない〕
2012 / 04 / 06 ( Fri )




◆最近の経済誌、新聞を読んでいて、


自分の住む国をあまり信用していないというコメントをする


国の事情に触れることがよくあります。



確かに、内乱状態が長く続いている国や国民を搾取するような国では、


そのような考えになることは自然です。



その点、この日本という国は平和であり、


まだ安心して暮らせる国であるとは思います。



◆しかし、2011年3月の震災以降、


「国がなんとかしてくれる」などと考えていては生き延びられないことを


私たちは確認しました。



原発開発の経緯,安全対策,安全管理などの実情を知るに及んで、


「この国はいま平穏に過ごしていられることに甘んじ、


権益のために政治も動き、


国を維持すべき術を真剣に準備することができない状態」


であることが露見したのです。



真剣にリスク管理をする体制ができておらず、


予想できずに起こってしまったことを


「想定外でした」と言われる恐ろしさを体験したのです。



◆しかも、それは原発だけにとどまらず、


企業年金などの問題も天下りや国としての管理の甘さで


取りかえしのつかない失態を演じているのです。



◆これまでの人類の歴史のなかで、


一般の民が国の犠牲になるという事例は数限りなく存在します。



しかし、それが今生きている私たち自身にもあてはまっていることを


もっと切実に感じなければいけません。



他人事ではないのです。



◆自分のおかれている状況を会社の中の自分ではなく、


地域の中、日本の中、世界の中の自分としてとらえなおし、


その世界とどうつながっていくかを考えそして見極め、


前もって準備していかなければ生き延びられないことを強く感じます。





       「自己啓発病」社会

          宮崎 学 著




        人気blogランキングは、こちらです。



          にほんブログ村は、こちらです。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

17:06:11 | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき52】〔国立大学に入学する意味を考えたことありますか〕 | ホーム | 【気づき50】〔ぐちることがマイナスとなる本当の理由〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1776-b8808932
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめteみた.【【気づき51】〔国を信用してはいけない〕】
◆最近の経済誌、新聞を読んでいて、自分の住む国をあまり信用していないというコメントをする国の事情に触れることがよくあります。確かに、内乱状態が長く続いている国や国民を搾取するような国では、そのような考えになることは自然です。その点、この日本という国は平... まとめwoネタ速suru【2012/04/06 17:26】
| ホーム |