【気づき56】〔自分でつくった価値観を自ら振り払う〕
2012 / 04 / 11 ( Wed )




◆自然な話ではありますが、私たちは自らの価値観のなかで生きています。



その価値観というものは、


これまでの経験、世間の常識などを踏まえて出来上がっています。



◆もし、世間的には聞いたことないけれど


「私はこれをやりたい」と思うことがあった場合、


その価値観にとらわれてしまうと実行されないままになってしまうのです。



◆4月10日のゴールデンタイムのテレビ番組で、


病気のために四肢切断を余儀なくされたアメリカの少年がレスリングに打ち込み、


州の代表になった映像を見ました。



5歳か6歳でその苦難に遭い、


切ない少年時代を過ごしていたさ中


兄の後押しによりチャンレジしたという話でしたが、


まさしく大きなハンディを背負いながらも


それに打ち克つべく懸命な努力を続ける姿には心を動かされました。



◆そのような実話を見てあらためて思います。



「自分にもできるはず」とは思うものの何をするかを定めきれていないのであれば、


ただ待っているだけではなく、


自ら目標を探し、それを達成するための


具体的な毎日の課題を定めることから始めることが大切です。



まずは、そこから始め、もし目標が定まったら、


それまでの人生と以後の人生には格段の差が生じることでしょう。



◆自分は何をしたいのか、自分はどうなりたいのか、


年齢などの状況に関係なくそれを問い続けて見つけることは


これからの時代、特に重要なポイントになると思います。





       20歳のときに知っておきたかったこと

          ティナ・シーリング 著




        人気blogランキングは、こちらです。



          にほんブログ村は、こちらです。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:28:57 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき57】〔この時代の課題-価値観の変化に対応できるか〕 | ホーム | 【気づき55】〔価値観の変化についていけるあり方をさぐれ〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1781-edd0c5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |