【気づき61】〔身の回りには気づかない宝物がいっぱい〕
2012 / 04 / 16 ( Mon )




◆旅行に出かけると、何もかも新鮮に感じられます。



建物、会う人、風景などのすべてが目新しく、新鮮なのです。



いつもみているはずの空さえも違って見えます。



◆それに引き換え日常の生活の中で見るものに対しては、


そのようなフレッシュさを感じることができません。



意識の中心にあるものは、


「いつまでに学校や勤め先に行かなければならないか」


とか


「そこで何をしなければならないか」


ということであり、


それ以外ではつまらないいさかい事に心をくだくというのが関の山です。



◆私たちはそんな日常に埋没するあり方だけしかできないのでしょうか。



日常のなかではもう目新しいことは発見できないのでしょうか。



◆こういう話のなかでよく出てくる実験があります。



被験者には映像のなかでバスケット選手が


パスを何回したかを見るように言ってあるのです。



被験者はパスのことだけを意識して被験を終えます。



しかし、その映像のなかにはパスをする選手以外にも


熊のぬいぐるみを着た人がムーンウォークをしながら横切る場面があるのです。



しかし、被験者はそのことにはまったく気づかなかったのです。



◆わたしたちは、ひとつのことを見ていたり意識していたりすると、


それ以外のことに全く気付けないというような特質ももち合わせています。



つまり、身の回りに新鮮なこと、楽しいこと、


ほかにもいろんなチャンスが転がっている可能性があることに


気づかないで毎日を生きているのです。



もっと肩の力を抜いて、


リラックスした状態で時を過ごす心づまりがあれば、


もっともっと人生は豊かになるのです。




       20歳のときに知っておきたかったこと

          ティナ・シーリング 著




        「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



          「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:05:20 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき62】〔大きな飛躍のためのポイント-無用の用のすすめ〕 | ホーム | 【気づき60】〔幸運を呼び込む過ごし方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1786-3ca4dca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |