【気づき64】〔大丈夫ですか、なにかできることはありますか。〕
2012 / 04 / 19 ( Thu )




◆先日、朝の7時半頃、職場に向かう途中、


中高一貫教育の私立の学校前で中学生らしき少年が道路で倒れており、


そばに女子高生が付き添っているところに通りかかりました。



車の往来が多い割に道が細いところだったので、


私は車を止めて本人の安全を確保するために駆け寄りました。



◆本人は意識もありましたがショックを受けた様子でした。



女子高生によるとどうも下り坂を自転車で滑走し電柱に衝突したようなのです。



学校に先生を呼びに行っている生徒がいるとのことなので、


その場で車の誘導に専念しました。



しばらくして、先生が数名駆けつけてくれたのでその場を立ち去りました。



◆事故の現場に立ち会ったときは、


人を呼ぶこと、けが人の状態を確認し、


知識があれば応急措置と思いますが、


こういう非常事態のときに


気持ちを支えてあげることを忘れてはいけないことを今日あらためて思いました。



「今先生、来るからね。」


「大丈夫だよ。」


と声をかけてあげることは大切です。



◆震災のとき、何をしたらいいのかと多くの日本人が考えました。



わたしも考えました。



結局、すぐにできることの基本は、


「大丈夫ですか、なにかできることはありますか。」


と尋ねる、


またそれぐらいの距離に歩み寄り、


そこにいてあげることなのだと今日あらためて感じました。




       20歳のときに知っておきたかったこと

          ティナ・シーリング 著




    「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

18:17:19 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき65】〔頭ごなしの否定は有効か?〕 | ホーム | 【気づき63】〔世間は狭い〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1790-fdc64c91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |