【気づき69】〔自分のミッションをみつけるには〕
2012 / 04 / 24 ( Tue )




◆職業を選択するとき、


「世の中の役に立つ仕事をしたい」と目標を掲げ、思い悩み、


大学を卒業して3年してからようやくたどり着いたのでした。



今考えると、世の中の役に立つ仕事は五万とあるのですが、


要するにより正確に言葉にするのであれば、


「自分の志向するもののなかで」


という条件も付随して考えていたのは間違いありません。



◆当初、勤めた病院の精神科医に


「なぜいまこの職場に自分がいるか」についてその経緯を話した際、


その医師が「あなたは聖人君子ですね。」という発言をしてくれました。



真顔であり、しかもその医師は人をちゃかすようなことはしないので、


わたしは褒め言葉として受け取りました。



◆そのことを20年後の今思い起こすと、


その医師は「あなたは人としてやるべきことを、きちんとやっていますね。」


と言ってくれたのだと思います。



わたしたち人間というものは、


悩まずに前に進むことはできない動物であるからです。



◆ここで考えるに、「迷う」と「悩む」は全く違うことです。



前者は、


思考がさまよう距離は非常に長いのですが、


結局、答えはつかめません。



それに対し後者は、


答えを出すべき課題についてメリットやデメリットを考えに入れたうえで、


どこをどう選択するかを秤にかけている状態で、


決めようと思えば答えは出せる状態なのだと思います。



◆考えたことがないことを考え、悩んでいるうちに、


それまでに気づかなかった考え方にぶち当たることにもなります。



そのような思考を繰り返し、


またそのように思考する課題を次々に持ち合わせることで、


それまで思いつかなかったところまで思いを深めていけるのだと思います。



ひいては、この精神活動が、


変化の激しい、先の読めない今の世の中には今まで以上に求められ、


しかも自分がこの世で果たすべきミッションについて


確認することができるプロセスではないかと感じるのです。




       2022-これから10年、活躍できる人の条件

          神田 昌典 著




    「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:18:55 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき70】〔自分のミッションを探す具体的方法〕 | ホーム | 【気づき68】〔わからんではすまない〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1794-97f394d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |