【気づき87】〔感謝の心を、型から学ぶ〕
2012 / 05 / 12 ( Sat )




◆自分の子供に対して「ありがたみがわかっていない」などと言う割には、


親である私自身もありがたみを感じられていなかったことを最近痛感しました。



◆わたしはある時期から毎日50回ありがとうと言うことを目標にしたのですが、


やってみて初めて言葉で50回言うことがかなり大変であることがわかりました。



そして、その回数をクリアするために、


心の中で「ありがとう」と念じることも1回に繰り入れるようにしました。



そして、思いついたのがご飯を食べるときにそしゃくの度に


「ありがとう」ということだったのです。



◆そういう工夫や努力の甲斐あって、


1日50回をようやくクリアすることができたのですが、


そのときに読んでいた本(小池龍之介著「平常心のレッスン」)のおかげで


肝心なことに気づくことができました。



わたしは、たまたま心の中でありがとうと念じるタイミングを


そしゃくという時間に合わせただけで、


「今日も食べることができてありがとう」という気持ちでありがとうを


唱えたわけではなかったのです。



◆感謝はさがしてでもした方がいいと感覚的に思っていたのですが、


食べるときに感謝の言葉を念じているにもかかわらず、


一番感謝しなければならないところを認識できていなかったのです。



◆結果的にそのちぐはぐさに気づけたのでよかったのですが、


それが実現できたのも型を身につけるすべとして、


「1日50回感謝する」ことを実行していたからにほかなりません。



心の伴ったことを実行できるために


型から入ることも有益であることを経験させてもらったので、


礼儀などの基本を自分自身見直すとともに、


子にもこの経験について伝えたいと思います。




       死に方のコツ

          高柳 和江 著




    「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:46:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき88】〔死ぬのはこわい〕 | ホーム | 【気づき86】〔命の長さは誰が決める?〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1813-121d151a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |