【気づき94】〔人は人のために生きられる〕
2012 / 05 / 19 ( Sat )




◆わたしはどんな仕事をしたいかをさんざん考えて


やっとのことで自分のやろうとする仕事を見つけたわけですが、


それは仕事だけにかかわらず、


自分のやりたいことに出会うことは意外にむずかしいことです。



趣味にしても同じことだと思います。



◆自分のやりたいことを探すときに、


「自分は何をしたいか、何に興味があるか」を意識するのが自然ではありますが、


そこから出発すると結局方向が絞り切れないように思います。



そこで、それとは異なる切り口があったら便利だと考えます。



◆以前、妻と子供が同時に発熱し、数日間寝込んだときがありました。



掃除,洗濯,食事の準備をわたしがやるわけですが、


その間疲れはしますが難なく早起きもできますし、


用事もどんどん片づけることができ、


それまでの生活とは違う充足感を味わいました。



◆興味の有無にかかわらず、


集中して効率良く立ち働いて充足感を得る条件のひとつに、


「人のために動く」ということは重要な要素だと思います。



自分が社会のために何かをやるとき、


「自分は人のために何ができるか、やりたいか」


という切り口は有効であると考えます。




       今日が「最後の1日」だとしたら、今の仕事で良かったですか?

          中村 将人 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:06:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき95】〔人のために役立つ人とはどんな人?〕 | ホーム | 【気づき93】〔今の時代にマッチした、幸せ実現の方法〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1820-4cd56b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |