【気づき109】〔「ほめられる」から「ほめる」は、1つの進化〕
2012 / 06 / 04 ( Mon )




◆子供はほめられると非常に喜びます。



だから、ほめてあげていいことをきちんとほめてあげれば、


子供はやる気を起こします。



同じように、


大人もほめられると非常にうれしく感じて、


やる気が出るものなのです。



◆しかし、大人になればなるほどほめられる機会はなくなっていき、


逆に怒られることのほうが多くなるのが現実です。



しかも、人の上に立つと、


ほめられることよりも上手に人をほめてあげることが求められるのです。



うまくほめ、


しかもほめてあげることに喜びを感じるような生き方に


シフトしていかなくてはいけないのです。



◆人の上に立つということは、


そういう変化を成し遂げていかないといけないということでしょう。



進化といってもいいのかもしれません。



◆無償の愛とは何の見返りも期待せずひたすら愛情を注ぐことですが、


人の上に立って人をほめるときには


そのような基本スタンスが求められると思います。



◆大人になること、そして組織の中で人の上に立つことは、


要するにより高い次元の人間性を獲得するステップを


上っていくことでもあるのではないでしょうか。



もし、それが実現したら、


その人はその組織内で重宝がられるだけでなく、


家庭や所属するコミュニテイの中でもかけがえのない存在になっていき、


人生自体がより輝かしいものになっていくものなのだと感じます。



       一生折れない自信をつくる1番シンプルな方法

          植西 聰 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

15:56:37 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき110】〔いばらない,ひがまない,くじけない〕 | ホーム | 【気づき108】〔モチベーションが大事〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1836-9e7535e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |