【気づき139】〔生きる手立てとは何か〕
2012 / 07 / 04 ( Wed )




◆一流大学を卒業して一流企業に就職することが安定を象徴する時代もありました。



しかし、いくら一流企業に入ったとしても、


銀行、証券、食品と倒産するなど考えられなかった企業が


バタバタと倒れることを我々は経験しました。



◆しかも、今はグローバルな時代。



他国の金融危機が自国の経済状況を悪化させる可能性のある時代です。



何が起こるかを予想できない時代になったのです。



◆そんななかでもわたしたちは生きていかなければなりません。



資産を増やすという前に


今の生活をこの流れの早い時代の中でキープする術を得ることが肝心です。



◆いくら現金をたくさんもっていても、


極端な話し、極度のインフレになればお金の価値もいっきに減少します。



ハイパーインフレでタクシー初乗り100万としたら、


初乗り100回で1億円もかかるのです。



また、金を貯め込んでいても危機が長期間に及ぶ場合、


それだけの量を確保できなければ生活は維持できません。



◆そのような苦難を乗り越え、身を助けるのは、最終的には人と人とのつながりです。



「知っている人から食べ物を分けてもらう」などという泥臭いつながりなのです。



人とのつながりをおろそかにする人は、


物が豊かな時には心が豊かにならないだけでなく、


物が豊かでないときには命を長らえることさえ


できなくなるおそれがあるのです。



       一生折れない自信をつくる1番シンプルな方法

          植西 聰 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:39:47 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき140】〔世間の常識に惑わされるな〕 | ホーム | 【気づき138】〔顔の表情で運命は変わる〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1867-7f6368bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |