【気づき141】〔力の出し惜しみをしない〕
2012 / 07 / 06 ( Fri )




◆よく「何事にも全力投球」という標語を目にします。



そういう意味では、


この標語は一般的に受け入れられている、


つまりは常識として受け取られているということです。



禅の世界においても、


これは身につけるべき在り方として挙げられているようです。



◆しかし、全力投球といっても、


何も特別に力を込めて行うことだけに対して言っているのではなく、


普段している1つ1つの事、


たとえば朝起きて歯を磨く、食事を取るというような


日常生活においても同じであるという見解のようです。



◆全力投球とは外目に見てわかることではないということも注意すべき点です。



周りから見ていい加減にやっているように見えても、


例えば効率を上げるために力を配分した上で、


ぎりぎりのところで切り抜けている場合もあるのです。



逆に、しっかり気持ちを込めているようでも、


アセスメントすることもなく


その実適当なところで切り上げていることもあるかもしれません。



◆必要なのは、


行為の当事者が目の前のことにベストを尽くすことであり、


そういうあり方をするとエネルギーが枯渇するわけでなく、


エネルギーを使い切ったときには


違うエネルギーがわいてくるものであるということです。



この点は、わたしたち人間の活力と物理的な世界の大きな差です。



使っているのにさらに新しい力が湧いてくるという力は、


人間に与えられた不思議でかつすばらしい力なのです。



       一生折れない自信をつくる1番シンプルな方法

          植西 聰 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:01:27 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき142】〔身に起こることに自分の判断を加えて生きる〕 | ホーム | 【気づき140】〔世間の常識に惑わされるな〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1869-b279dbc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |