【気づき166】〔文章を書くことの魅力〕
2012 / 07 / 31 ( Tue )




◆文章を構成する力はとても高度であり、


それゆえにその力を向上させるにはひとかたならぬ努力が必要であることを感じます。



平成19年8月1日から毎日ブログを更新し始め5年になろうとしていますが、


いまだに文章の構成がうまくなったという実感がほとんどないのです。



◆その実感が、悲しいかな、本当であることを示す決定的な証拠は、


「頭に描いたテーマで書き出しても、そのテーマ通りの文章を書けない」


というところです。



テーマに沿って書き始めてもその趣旨どおりにはいかないのです。



文章を訂正しながら構成を変えていくうちにまとまった文章にはなります。



それに対する表題もつけられます。



書いている内容も自分の思いそのものではあります。



しかし、書き出しの時点でのテーマとは


微妙にずれてしまうことがほとんどなのです。



◆受験のときに論文を書く練習をしていたはずです。



それなのに今の実力がこの程度です。



試験のときに書いていた文章が


どんなものであったかを考えただけでおそろしいです。



よくもまあ、


試験会場に堂々と向かえたものだと今さらながらに感心してしまいます。



◆しかし、ここで思うのは、


ようやくこの時を迎えて


文章を書くことの


むずかしさとその面白さを味わうことができたのだなということです。



もし、この数年の蓄積がなければ


それさえわからないままであったことを考えるととてもラッキーなことです。



このままの不安定さから脱却して次なるステージを臨めるように、


これからも文章を書き続けていきたいと思います。



       一生折れない自信をつくる1番シンプルな方法


          植西 聰 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:23:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき167】〔療養している人の思いをくむ社会になるためには〕 | ホーム | 【気づき165】〔自信をつける成功体験の増やし方〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1894-98b525a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |