【気づき176】〔能ある鷹は爪を隠す〕 
2012 / 08 / 10 ( Fri )




◆人というものは自慢をしたい生き物のようです。



自慢などしないで自分の打ちこむべきこと、打ち込みたいことに集中する人もいる半面、


自分を尊敬することを人に強要したり、


相手より自分を上位に置きたいと意図する人が大勢いるのです。



◆しかし、自慢というのは人から嫌われる大きな理由の1つです。



面と向かって「あなたよりわたしは偉い」という態度でいるのですから、


相手が嫌味を感じるのは自然なことです。



このように嫌われることをして敬遠されることまでしても、


まだやめられないのです。



これは、人間の性というものなのでしょうか。



◆仏教でいうと、「慢」は煩悩の1つ。



人を侮る心のありようのことです。



要するに、思いあがっている様を表しています。



1000年、2000年とこれを克服しようと努めてきた多くの先人がいたにもかかわらず、


なかなか成就できていません。



◆上ででも述べましたが、この「慢」はいまだ克服されていません。



しかし、これまで先人たちが労苦を積み重ねてきたのは事実です。



この「慢」という課題には、


ひとりひとりが取り組み続けなければならないということを教えてもらっているのです。



謙虚にそうとらえなければなりません。



◆仏教徒として信仰をしていないにもかかわらず、


生活信条として自然にこの教えに接することのできる私たち日本人は恵まれています。



豊かな人生を形作っていく特権をもらっているとも考えられるのです。



すぐ身近にある幸運に感謝したいです。



       一生折れない自信をつくる1番シンプルな方法


          植西 聰 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

18:06:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき177】〔戦わずして勝つための条件〕 | ホーム | 【気づき175】〔命を削るのをやめるのは自分自身〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1904-fa7d5204
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |