【気づき219】〔気のはった毎日にする条件〕
2012 / 09 / 22 ( Sat )



◆「なんとなく毎日はりがない」「もっと集中したい」



このような思いにとらわれることもあるでしょうが、


それは簡単にできるのです。



勉強にしろ、仕事にしろ、家事にしろ、


効率はどのようにしたらあがるのかについて追及してみることを決めて、


その上で工夫を重ねるだけでもずいぶん違ってくるものです。



◆加えて、


効率を上げて自由になった時間をどうするかの課題があるとなおさら、


目の前のことにも集中できますし、自然と工夫も重ねられます。



こうなると、向上する機会が増えていくサイクルに入れるのです。



◆実際、どうあったら充実するかについては人によって違います。



また、気持ちのはりがあるから充実しているのか、


それとも充実しているから気持ちのはりがあるのかについても、


考えてもなかなか答えが出るものでもありません。



◆しかし、1つ言えることは、


考えているだけではなく、


やってみないと答えは出ないということです。



ただ考えるだけでじっとしているのなら、


「えいっ!」と動くしかありません。



「なぜ動くのか」「どう動くのか」「自分がありたいのはどういう状態か」


などの答えがみつかっていなくても、


動くこと自体がすてきなこと、充実していることになれば、


自分の頭の中にあることに対する答えも徐々に見えてきます。



◆こういうときこそ、早寝早起きです。



気持ちが上向きになる、集中力がでる、


普段気づかないことに目が向く、新しい発想がわくということの源泉です。



「とにかく動く。でもどう動くかわからない」のなら、


これしかありません。



       朝10時までに仕事は片づける

          高井 伸夫 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

07:54:31 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき220】〔先んずれば制す-ビジネス編〕 | ホーム | 【気づき218】〔すてきな人生を送るための条件〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1947-689405b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |