【気づき222】〔あしたの朝の起きる時間を決めて、日中を過ごすメリット〕
2012 / 09 / 25 ( Tue )



◆朝一番にクリアな頭で新聞を読むと、


ふだん関心があることについての記事や仕事の上で必要となる情報を含む記事に、


速やかに反応できます。



仕事に関する記事はそのまま仕事場に持ち込むと、


上司が情報に敏感であることを伝えられるし、


部下も敏感になるきっかけが生まれます。



◆こう考えると、


当日の新聞を朝読むか夜読むかで大きな違いがあることがわかります。



朝読むと最新情報ですが、


夜に読むともう過去の情報となります。



朝取り込んだ情報をもとに世の中は動きますし、


周りの会話もとりかわされます。



日中のネット上の情報も当然それ以前の情報の上に積み重ねられるものなのです。



朝、余裕のある時間の過ごし方をすることは人生を変える力をもっています。



◆わたしたちは生きている間に、


毎日さまざまな行為を繰り返しています。



その最たるものが寝て起きることです。



しかし、「寝る」と「起きる」のどちらを起点にするかによって、


昼間の過ごし方に違いが出てくることに注意が必要です。



寝起きというくらいですから、


この言葉からわたしたちは「寝てから、起きる」という風に考えますが、


逆に「起きて、活動してそして寝る」という捉え方もできるのです。



◆「~時に寝るから、今はこうする」ではなく、


「あしたは何時に起きるから今はこうする」というように、


起きることを起点にして起きるという行為を積極的にとらえるところに、


これまでにない新しい生きざま,新しい時間の使い方ができる鍵があると思います。



この鍵は「起きて、活動してそして寝る」というリズムができてからは


手に入れることができてよかったと思うのですが、


「寝てから起きる」のリズムのときにはまったくその価値がわかりません。



しかし、この鍵はそれぞれの人に一つずつ与えてもらっているものなので、


ぜひその輝ける宝物を手にとり活用してもらいたいと思います。



       朝10時までに仕事は片づける

          高井 伸夫 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:03:52 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき223】〔仕事に追われず、仕事を追うようになれる方法〕 | ホーム | 【気づき221】〔早起きする人の目的〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1950-d599513b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |