【気づき232】〔電車が止まっても、効率よく動くために〕
2012 / 10 / 05 ( Fri )



◆先日も台風で電車が止まり、


バスターミナルに長蛇の列ができた様子が新聞に掲載されていました。



そのような場合、


とにかく家に帰ることを一番の目標にするのでしょうが、


そういうときに自分ならどうするかを考えておくことも大切です。



◆電車が止まったらまずはその原因を知る必要があります。



駅員、駅の掲示、それからもちろん携帯電話での情報収集などにより、


復旧までの目途を予想するのがいちばんでしょう。



そして、復旧までの時間や、復旧したときの時刻、


持ち合わせているお金などにより選択肢を変えます。



◆時間を有効に使うために、


すきま時間を有効に使うという鉄則があります。



このすきま時間を活用するには、


その時間にやることを常に持ち合わせていなければなりません。



時間のある時にやること:


目を通す書類を持ち歩く。


会議に出すアイデアをひねり出す。


メールや掲示物の文面を考える。


本を読む。


人生について考える。


家まで歩いて帰る。



◆宿泊まで考えるにいれる事態はあまりないとは思います。



その日や次の日の予定にも影響がでますし、


経済的負担も増えます。



しかし、効率よく過ごすことができることは間違いないので、


1つの選択肢にはなります。



また、本番で自宅まで歩いて帰ることを選択するためには、


実際にどこを歩くのか、


歩いたらどれくらいの時間がかかるのか、


その時間歩き続けることができるのかを試しておくことが必要です。



歩いて帰ると決めても、


帰り着くまで歩き通せなかったらかえって大変なことになります。



◆電車復旧までの短い時間をどう過ごすか、


また場合によりそれ以上の時間をどう過ごすかについて考えることも、


生きている時間をどう効率よく過ごすかということの1つであるととらえて、


考えておくことも無駄ではないと思います。



       朝10時までに仕事は片づける

          高井 伸夫 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

21:46:17 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき233】〔人を育てるときの鉄則、そして覚悟〕 | ホーム | 【気づき231】〔いま何をやるべきか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1960-d38696a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |