【気づき234】〔気付きにくいところを受け入れてもらう方法〕
2012 / 10 / 07 ( Sun )



◆一見普通に見えて、


実は人のことを陥れることをなんとも思わない人がこの世にはいます。



サイコパスと呼ばれる人たちです。



そういう人たちはその実像をなかなか他人に見せないからこそ、


人の輪のなかにいられるわけです。



逆に言うと、


そのような人を見分けようと思っても、


なかなか思うようにはいかないということです。



◆しかし、サイコパスではありませんが、


自分の身の周りを見回してみると、


意外なところで意外なあり方をしている人もいるものです。



ふだんは優しい雰囲気なのに、


特定の身内に対しては意地の悪い言葉を投げかける場面を


友人宅で見かけたことがあります。



◆「なくて七癖」



当人には当たり前ということが、


他人からすると不自然に映ることは往々にしてあります。



自分の家では当たり前のことが他人からみるとそうでないこともあるのです。



また、それぞれの家にその家の人にしかわからない歴史があるのも事実です。



これは一人の癖というだけでなく、


親子代々受け継がれていることもあるということです。



◆しかも、環境面で受け継がれただけでなく遺伝子レベルでの継承であったら、


周りの人が変えようとすることは至難の業です。



もし、性格面において好ましくないと思うことがあった場合、


周りがどうアプローチするかは非常に大きな課題です。



ストレートに指摘しても反感を買うだけですし、


言わないでいると当人がもし家族であるとしたらそれは家族にとってマイナスであり、


しかも気分が悪いものです。



◆そういう時に大切なのは、


課題が上がるごとに冷静な話し合いの回数を重ねること、


また相手の機嫌を損ねないで真剣に受け止めてもらう方法を取ることです。



たとえ近くにいたとしても心の内を手紙にしたためるという手法も有効です。



字にすると冷静でいられるし、


読み直しや書き直しもできます。



しかも、わざわざ手紙を書くと、


相手は慎重に受け止めるというメリットがあります。



       朝10時までに仕事は片づける

          高井 伸夫 著




     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

20:30:25 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき235】】〔自分から人が離れていくのはなぜ?〕 | ホーム | 【気づき233】〔人を育てるときの鉄則、そして覚悟〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1962-83b41065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |