【気づき245】〔決断するために必要なもの〕
2012 / 10 / 18 ( Thu )



◆事業の成り行きに変化が見られ始めたら見直しが必要です。



しかも、その変化が収益の大幅な減少である場合は、


その理由を早めに探し出し、早急に対応することが一番重要です。



その対応を理由はどうであれ先延ばしにしたら、傷は深くなるだけです。



◆そこまで来たら、事業の方針を変えるしかありません。



しかし、それは大きな決断ですので感覚で決めるわけにはいきません。



従業員が多くいる場合は、


早急に対応しなければならないとはいえ慎重さもそれ以上に求められます。



そこでまずは、判断に必要なデータを選択し、吟味しなければなりません。



できるだけ時間をかけずに。



◆ここ数年、有名な大企業がいくつも大改革を行っています。



JALなどを例にとると、


社長変更は言うまでもなく、


労働組合の再編や当然職員の削減などのリストラも大々的に実施されました。



いうなれば、


改革を早急に実現するためには組織の体質を根こそぎ変えてしまうしかないのです。



◆しかし、根こそぎの改革といっても、


その組織のいい面も根絶やしにすることは無駄なので、


データ吟味のあとにすぐさまうまく機能する仕組みを作り、


改革に賛同し支えてくれる人を話合いの中で見つけながら、


組織を再編していくことが必要です。



◆そのような蓄積の後は、


脳の素晴らしい機能である直観を頼りにしてもよいのではないかと思います。



ただし、直観も選択する際の一要素するためには、


考え抜いたあと,やるべきことをやったあとの、


悲壮感のない覚悟ができることが求められるのだと思います。



       朝10時までに仕事は片づける

          高井 伸夫 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:59:48 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき246】〔仕事上の不安を消す方法〕 | ホーム | 【気づき244】〔時間は豊富にあるか〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1973-c7c428a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |