【気づき249】〔なぜ、毎日が楽しくないのか〕
2012 / 10 / 22 ( Mon )



◆毎日、どのように時間を過ごしているかを振り返ってみると、


朝から晩まで考えごとにふけっていることがよくわかります。



起床した直後の洗面をしながら。


食事をしながら。


仕事に行く準備をしながら。


電車に乗って仕事場に向かいながら。


仕事をしながら。



仏道では考えごとは妄想の世界とし、


その状態は死んでいるのと同然とみなすということです。



リアルな現実を感じていないので、


ストレスがたまるあり方でもあると考えられています。



◆また、


穏やかな満足感より不安や怒りのほうがはるかに強い刺激が心にはあり、


癖になりやすいといいます。



しかし、これは自らの心身を痛め続けていることになり、


幸福感を味わえない連鎖のなかに入ってしまっていることになるのです。



◆心身をわずらわせ悩ませる「怒り」(ネガティブな思考)は、


「欲望」「迷い」とともに3大煩悩であり、


これら3つは密接につながっています。



つまり、無知な心がさまよい欲望が発生し暴走して満たされないとき、


心は怒りに包まれるという関係があるのです。



◆「怒り」はなぜ起こるかという理屈を理解したうえで怒ることをやめると決意し、


その訓練をすることにより、


心の自由と穏やかに楽しく過ごす幸せを実現できるのであれば


真剣に取り組んでみてもいいのではないでしょうか。



何をしても楽しくないということと、


何をしても楽しいということの差はこのあたりにあると感じませんか。



       もう、怒らない

         小池 龍之介 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:37:02 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき250】〔欲しいものがないことは不幸か?〕 | ホーム | 【気づき248】〔人生は総合力-健康を維持する意味〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1977-61a61eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |