【気づき261】〔横柄な態度は自分にとってプラスに働くか?〕
2012 / 11 / 03 ( Sat )



◆人を選んで横柄な態度をとる人がいます。



所属する会社組織内で上位の役職にいるからということで、


部下,出入り業者に対してはそのような態度をとる人がいます。



しかし、取引相手には礼儀正しい態度をとるのが通例です。



◆そのような態度は、はたから見ていてもいい気はしないものです。



当人にとって決してプラスになるとは思えないのですが、


実際にそういう人がいるものです。



横柄な態度を取る人たちは、そうすることで、


つまりは相手を低くみるということで


自分のほうがえらいということを実感したいのでしょうが、


そのような態度の人間は、嫌われ、憎まれ、恨まれるのが宿命です。



◆日本の感性からして、


人から恨まれているのにはそれなりの理由があると思います。



つまり、その恨みは自分が引き寄せているのです。



仏道では、それをストレートに戒めています。



◆つまらないうぬぼれで、


相手を見下し、


存在を認めないようなことをすると、


それゆえ相手から嫌われ、


お互いの気分を害し、


結果的に決して幸せな気分にはなれません。



しかも、時と場合によって横柄を表にだし、


または横柄でないように振る舞うことはできないのですから、


自分に不利になるようなあり方はやめるのが賢いでしょう。



すこし偉そうにしてみたくなったことで、


人との関係が壊れたり信用がなくなったりするのです。



一度壊れた関係の修復にはかなりの時間と努力を要することを考えるのなら、


つまらないところでつまらない見栄を張らないことが身のためです。



       もう、怒らない

         小池 龍之介 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

22:18:36 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき262】〔ぐるぐる考えるのは、人の宿命〕 | ホーム | 【気づき260】〔欲求不満解消の1つの試み〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1989-5eb2d837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |