【感じる263】〔人は周りの人とつながって生きるもの〕
2012 / 11 / 05 ( Mon )



◆「人は社会的動物である」という言葉は、


人は社会的に隔絶していては生きてはいけないものであることを言い表しています。



しかし、閉じこもりというような状態の人も多くみられるこの時代には、


この時代に合った社会との付き合い方を模索していかなければなりません。



◆今の時代の状況というものは、


当然人類が初めて経験している場面です。



今のコンピュータの発達による時代の変化の速さ、つながりの広範囲化は


生身の人間の受け止めきれる限度を軽く超えていることなどを考慮して、


考えていかなければなりません。



◆アウシュビッツの収容所を体験した精神科医のV.E.フランクルは、


その経験を通して人生の意味は外部にあるといっています。



つまり、自分にとっての自己実現を考えるのではなく、


生き続けていると自己実現に巡り合うという考えなのです。



これは究極の経験をもとに、


人間という生き物がもっている本質の1つを


言い表したということができると思います。



◆人との付き合い方で苦しくなり、擦り切れてしまうこともあるでしょう。



しかし、人生の意味は自分だけで完結するものではなく、


周囲の人や社会とのかかわりの中で生まれるものです。



そういう観点から、


人との付き合い方,社会とのかかわり方を考える視点がわたしたちには必要です。



バカの壁

養老 孟司 著



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

13:28:09 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき264】〔わたしが5年間毎日ブログを書いてきた理由〕 | ホーム | 【気づき262】〔ぐるぐる考えるのは、人の宿命〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1991-48608463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |