【気づき265】〔私の夢〕
2012 / 11 / 07 ( Wed )



◆これまで、仕事を約四半世紀続けてきました。



それなりに経験を積ませてもらいましたし、


また当然それだけ年齢も重ねてきました。



その過程で、結婚をして家庭を持つというような生活環境も変わりましたし、


社会情勢にも大きな変化がありました。



その結果、価値観も依然とは違ってきています。



そして、そのような変化のなかで、2011年の東関東大震災を経験しました。



◆そのときに私は思いました。



「私はいま、生きている。しかし、生きようとして死んだ人がいる。

また、何が起こったかわからないまま失われた命がある。



その事実を突き付けられた人たちがおおぜいいる。」



◆女川にいた私の高校の後輩もこの1年半も行方不明でした。



今年の4月、女川を訪れ、


いくつかの住居跡にお供え物が置いてあるのを見て思いました。



「今、この街には夢も希望もない。だからこそ、夢や希望が必要なんだ。」








◆わたしの住む町に、たまたまJ2リーグに属するチームがあります。



2012年の12月、


JFLからJリーグに昇格できるかもしれないと新聞のチラシで知り、


初めて観戦した試合で昇格が決まりました。



偶然とはいえ、決定的なシーンを目の前で見る機会を得て感動しました。



「こんなに身近なところで夢に向かって戦っている人がいる。

そしてその姿を見て、勇気や希望をもらっている人がいる。」



◆そのような経験を通して思いました。



「自分が行った宮城にこの感動を味わえる場所があればすてきなことだ。」



◆そこで、わたしの夢ができたのです。



荒唐無稽かもしれませんが、


「宮城に、多くの人が夢や希望をもてるスタジアムを作りたい。」



すでにあるスタジアム、競技場、そして既存のチームの状況など


細かいことは何も知らない状況ですがそう思ったのです。



◆あまりにも壮大で、言い換えると取り留めもない夢なのですが、


いま経験していること,している勉強を、


今後はこの夢の実現のために集約していきたいと思います。



この夢を実現するためになにを


どうすればいいかを1つずつ解決していきたいと思います。



とにかく地元J2チームのボランティアを始めだし、


夢のかなう方向に歩き出しました。



◆どこまでできるか、それぐらいの時間がかかるのかは度外視して、


修正しなければいけないことはその都度修正して、


とにかく一歩でも前に行こうと思います。



     「 人気blogランキング 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。



     「 にほんブログ村 」に協力いただける方は、こちらのクリックをお願いします。  






-------------------------------
このブログでは、
毎日を「いきいき、生きる」ためのヒントを考え続けていきます。
-------------------------------


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自己啓発 - ジャンル:ビジネス

23:36:46 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<【気づき266】〔あらためて、最初の第一歩〕 | ホーム | 【気づき264】〔わたしが5年間毎日ブログを書いてきた理由〕>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://normalsense.blog84.fc2.com/tb.php/1993-6d8c337a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |